FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
2010.02.20 出発当日。
昨夜の夜更かしと今まで積み重ねで、完全に睡眠不足。
飛行機の中で眠ればいいやと無理したのが祟ったのか、ボーっとしていてなかなか目覚めが悪い。
まだまだ寝ていたいのをこらえて、出発の準備を始めた。
昨夜はるちゃんが荷造りを手伝ってくれたおかげで、荷物はなんとかまとまった。
出発前の用事を済ませ、友人宅を後にする。


成田空港まで時間的に余裕だと思っていたら、やっぱりここにも落とし穴が。
上野駅に着いて電車を降りようとバックパックを背負った途端、
「ブチッ」
「・・・・・」
「ん??」
見ると、バックパックの肩ひもが切れてしまっていた。
どうしよう。
旅の大事なパートナーなのに、こいつが壊れてしまっては厄介だ。
どうするべきか。

選択肢が3つ浮かんだ。
・このままインドまで行き、デリーで新しいバックパックを購入。
・成田空港で新しいバックパックを購入。
・今すぐアウトドアショップに行き、新しいバックパックを購入。


時間にギリギリ余裕があったので、
新しいバックパックを買いに行く事に。急いでお茶の水へ移動。
ヒゲが「お前が行くと道に迷って時間がかかってしまいそうだから、俺が行く」と、
私を駅に残してバックパックを買いに行ってくれた。

数十分後、ヒゲが戻ってきた。手にはNewバックパックが!!
今まで使っていたものと同じもので、更にバージョンアップされていた。


▲NEWバックパック

ヒゲの協力と、余裕をもって出発していたおかげで、この件は何とか解決することが出来た。
それにしても、なんでこのタイミングで…と愚痴を言いたくなる。
スポンサーサイト

2010.02.20 
引っ越しの後片付けがなかなか終わらず、結局友人宅に到着したのが23:00。
最後までバタバタでした。いよいよ明日インドへ出発です。

後片付け最中の私の部屋

隣駅にある旅友達のはるちゃん宅に泊めてもらった。
夜中、はるちゃんと一緒にバックパックの荷物をチェック。
不要なものは出来るだけ省き、荷物の軽量に心がけた。
今の今まで旅の準備が完了してなかったのだ。

明日は早く起きなきゃなのに、まだまだ準備が終わってない…。
海外旅行保険は明日の朝申し込むとしよう。

2010.02.19 
ヒゲが、レーシック施術を受けた。
前日の検査で施術OKが出たのです。
点眼液や飲み薬など、沢山持ち帰ってきていました。
f0210860_14524471.jpg


▼品川近視クリニック WEBサイト


ヒゲは保護メガネをかけて帰ってきた。
紫外線やほこり、風邪などから目を守るためだそう。
手術後は一時間おきに点眼しないといけないらしく、なんだか大変そう。
寝るときは、睡眠時の目の保護のため、透明なプラスチックのプロテクターを
片目づつテープで目に貼り付けて寝ていた。


レーシック施術後、
コンタクト付けていた時と変わらない程までに視力回復していたそうです!
「裸眼で生活するのは小学5年生ぶりだ」といって、ヒゲがとても喜んでいたので、
私もなんだか嬉しくなった。

なにより、長期旅行にコンタクト用品を一切持っていかなくて良くなったのだ。
荷物の軽量にもなるし、手間も省けて、かなり楽になったはずだ。


レーシックってすごい!!


2010.02.05 
 2月4日。ついにインドVISA受取の日がやってきた。
 P2072158_convert_20100212101546.jpg

 今度はちゃんと予定時間通り、17:30~18:00の間に IN。
 VISAセンターは人でごった返していたけど、
 運良く短い列に並べたので、スムーズに受け取ることが出来た。

 『めでたし めでたし!』
 と言いたいところだけど、ちょっと問題が。

 受け取る前からうすうす気付いてはいたけれど、VISAを見て確信。
 前回行った時のインドVISAと明らかに内容が違っている箇所があったのだ。
 ココ↓
 P2072159_convert_20100212102444.jpg
『NOT VALID FOR 2ND ENTRY WITHIN TWO MONTHS OF LAST EXIT FROM INDIA.』
(インド再入国において、インド出国後2ヶ月以内の再入国は有効ではありません...)

 と、記されている。

 「やっぱりか~」と思いつつ、
 念の為、その場にいたスタッフに再度聞いてみるも・・・答えは同じ。
 どうやら、2010年1月からそういう制度になったようだ(インド側からの指示で)。
 「なんで今年からなんだよ」とか「マルチの意味ないじゃん」という
 怒りのようなもどかしさがあったけど、
 それよりなによりも、どうにか対策を考えなければいけません。

 私のもともとの計画が、
 2/20~5/末まで3ヶ月ほど南インドを周った後、
 日本に一時帰国 (友達の結婚式の為)、再びインドに戻るという予定。
 インド再入国が出国の2ヶ月後となると、
 計画が大幅に狂ってしまうし、そんなに待ってられない。
 ヒゲもそんなに待ってはくれないだろうし・・・。
 友達の結婚式も参加出来て、ちゃんと予定通りいけるルート(方法)、、あるだろうか?
 色々調べて、色んな案を2人で話し合いました。

 結果、私たちはネパールを介してインドに再入国することに決めた。
 
 以下が考えたルート
『インド→ネパール(陸路)→ネパール(空路)→成田
 成田(空路)→ネパール(陸路)→インド』


 これでひとまずなんとかなりそうだ。
 後は行ってみないとわからない。

 VISAセンターのスタッフも、
 急にインド側が決めた事で、詳細ははっきりとわかっていない様子で、
 「こちらの対応はこうです。後は、現地イミグレでどうなるかやってみてください」という感じ。
 現段階で情報が少なすぎて、現地のことまでわからないらしい。
 「逆に、現地でわかった事があったら教えて欲しいくらいです」と、愚痴られる始末。
 

 <調べて解ったこと>

 ▼ちゃんと手続きをふめば、インドへ2ヶ月以内の再入国が可能だということ。

  ・インドVISA申請時に予定表を一緒に提出すれば、OK。
   (私たちの様に既に申請済でVISAが発行されてしまっている場合は、日本での手続きは不可)

  ・インド⇔ネパールの国境にあるイミグレーションでの手続きや、
   在ネパールのインド大使館での手続きは可能らしい。
   ということは、空港のイミグレも可能なのか?
   
  *再入国申請:いつ再入国して いつ出国するかの予定表を申請して、
          許可のスタンプを押してもらう

 ▼ネパールVISAは、入国時に取得可能。空港や国境イミグレでもOK。
 
 ※上記は、ネパールを介する場合の例です。
  バングラディシュなども可能だとは思いますが、調べてみて下さい。


 私たちはひとまず、ネパールの陸路国境イミグレで、トライしてみる事に。
 うまくいってくれる事を祈ってます。


2010.02.04 
今日はインドVISA申請しに茗荷谷まで行ってきました。
f0210860_122341100.jpg

▼インド査証(VISA)申請センター [India Visa Application Center]
:ジャパン・オーバーシーズ・コーポレーション (Japan Overseas Corporation)
インド査証(ビザ)申請センター

Webサイト:http://www.indianvisaatjapan.co.jp/

住所:〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツビル1階
電話番号:03-5978-3910
東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車。1番出口を出て横断歩道を渡り、左へまっすぐ。
セブンイレブンの隣。徒歩5分。



▼申請に必要なもの
*6か月以上有効なパスポート
*申請書類
*写真(45mm×35mmのパスポートサイズ)1枚
*申請代金(\1,935 でした)

月曜日 - 金曜日
09:00 am - 12:00 pm (午前の申請時間)
01:30 pm - 04:00 pm (午後の申請時間)
05:30 pm ~(パスポートの受取)



当日申請センターで時間がかかるだろうと思い、
前もって申請書類をプリントアウトして自宅で記入、準備しておいた。
「よし、準備万端!明日は早起きしよう」と意気込んで寝たのに、
結果、少し寝坊…なんとか午前中には間に合った。

ヒゲと私の受付番号 102と103。
午前中に申請を済ませれば、当日の夕方には受け取れる予定。

ところが・・・12時に15分前というところで係員の方が出てきて一言。
「100番以降の番号の方は13:30~の受付になりまーす」
「!!!!!」
なんと、ギリギリで午後からの受付になってしまったのだ。ついてない...

13:30まで時間をつぶし、再び申請センターへ。
ようやく申請完了。申請代金が思いのほか安くて、少し驚いた。
2/4の17:30~受取だそう。


今更遅いけど、早起きは大切ですね。


時間があったので、帰りに新宿まで歩き、
“好日山荘” でスタッフバッグを買って帰った。
( 好日山荘 Webサイト:http://www.kojitusanso.jp/shop/index.html )


2010.02.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。