上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 

▲Backwater,Krala,India


ロンリープラネット編集者に「一生に一度は行ってみたい場所」と言わせた、バックウォーター(水郷地帯)。
どうせ南にきたなら乗らない手はないと、
私たちも、アレッピー ~ コーラム(クイロン)間をボートで移動することにした。

有名なのが、貸切のボートハウス。
素朴な木造のボートハウスには、寝室・キッチン・トイレの他、漕ぎ手2名、コック1名のクルー付き。
1日20Kmで進んでいくボートの上で、ゆったりクルーズを楽しむのだ!
…といきたいところなのだが、貸切というだけあって、やはりチャーター費用がハンパない。
2人利用、1泊2日で、11000ルピー~ (2万円以上だ!)

こんな高いのに乗れるわけもなく、結局私たちが乗ったのは乗り合いのクルーズ船である。
(アレッピー~コーラム間の運河や湖を行く、8時間のボートツアー)
チケットはアレッピーのボート乗り場ですぐ買うことが出来た(1人300ルピー)
本来は9月~3月がオンシーズンらしいが、人気の高さから5月頃まで運行しているという。

これが本当にのんびりしていて、何をするわけでもなく、8時間ただ景色を眺めているだけ。
チャイニーズ・フィッシング・ネットや岸辺の村の人々の生活を、船の上からのんびり眺める。
時折、眠たくなってウトウトしたりする。
たまに休憩時間があり、ランチやチャイを食すために途中の村に立ち寄ったりする。

南国ムード満点の湖の上で、とても贅沢な時間だった。
なにより、移動手段としてボートを使うなんて、なんとも乙である。

2010.04.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。